ワナビ坂

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠いワナビ坂をよ…

「リボンの棋士 ガール・ミーツ・ゲーム」の話

小説家になろう」に平河ゆうき名義で「リボンの棋士 ガール・ミーツ・ゲーム」掲載しています。
 
 
角川つばさ文庫小説賞で2次選考通過した作品です。
ちなみに他の児童文学系の賞にも2つほど出しましたが、いずれもおそらく1次落ち。
つばさ文庫がレーベルカラーとしても合っていたんだろうなあ、と思うのですが、
最終まで進めなかったのはつくづく残念でした。

もともと、将棋を題材になにか書きたいという気持ちは数年前からあったのです。
最初はプロ棋士になるための最大最後の難関である奨励会三段リーグを舞台にして、
男同士の戦いを女性にも読めるように書いてオレンジ文庫あたりに応募するか…などと考えていました。
そこで参考にしようと奨励会を描いた名作と名高いノンフィクション「将棋の子」を読んだのですが、
これがもう圧倒的な面白さ。

 

将棋の子 (講談社文庫)

将棋の子 (講談社文庫)

 

 

一読者としてはめちゃくちゃ感動したのですが、この現実に勝てるようなフィクションは絶対に書けない、とあきらめました。
じゃあライトな感じで将棋の世界を書けないかな…プロを目指してがんばる小学生の話とか…と考えていたところで、
りゅうおうのおしごと!」1巻発売ですよ。

 

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

 

 

んーーーこれでもう少なくともライトノベルを狙うのは無理だな! 
じゃあ初心に返って児童文学で行くか! つばさ文庫・青い鳥文庫・みらい文庫あたりの路線で!
と、書き始めたのが「リボンの棋士 ガール・ミーツ・ゲーム」になります。
 
りゅうおうのおしごと!」を読んだうえで、差別化することには気を配りました。
読者層は違うとはいえ、設定や展開がかぶるのは良くないと思ったので。
とりあえず、師弟関係ではなくライバル関係をメインにすると決めて、どんな2人をメインキャラにするか。
 
主人公・朝井祈理のキャラクターはわりとすぐに決まっていました。
女子の一人称がどうも今の児童文庫の流行らしい。しかしもはやいい歳したおっさんの僕に普通の女子小学生の一人称で書けるか?
…「普通の」女子小学生じゃなければ書けるんじゃないか? と。
基本的にはですます調のモノローグにしつつ、感情が高ぶると関西弁になるというのは、吉本新喜劇の未知やすえ姐さんがモデルです。
作中であれほど祈理が怒ることはありませんでしたが、そのぶん祈理の母親が怒る場面がやすえ姐さんっぽくなりました。
あとは以前書いた「もし腐ったお嬢様が~」で、人を食ったような語り口のお嬢様一人称を書いた経験も生きたと思います。

では主人公に相対するライバルはどんな子にするか。
そのころはタイトルも決めていませんでしたし、ボーッと書店をぶらぶらとしながら考えていたのですが、
ちょうど目に留まったのが手塚治虫リボンの騎士」でした。

 

リボンの騎士 手塚治虫文庫全集(1)
 

 

コレだ!となりましたね。
タイトルはもうずばり「リボンの棋士」にするか。
となれば、サファイアっぽいボーイッシュな女子がライバル(というより、もう1人の主人公)になるな…と。

そこから、描きたい場面が自然に浮かんできて、展開の大筋も決まっていきました。
とりあえず、
・お嬢様っぽかった主人公が関西弁丸出しで勝負に必死になる
・一方で、ボーイッシュだったライバルがお姫様のような格好をする羽目になり、主人公と対局する
という状況はなんとかして描きたかったので、アドバイスをもらいながら展開を詰めていったのでした。
 
「将棋&PK戦」のアイディアは、昔「探偵!ナイトスクープ」で将棋&ボクシングを見て大笑いしたから出てきたのだと思います。
ナイトスクープを見た当時は将棋に興味持っていなかったんですけど、先崎九段だったんですね。
 
あとは将棋会館に行ったり、JT杯の会場へ行ったりした経験も生きていると思います。
やはり取材は大事だなあ、と痛感した次第。イメージできませんもんね、なかなか。
 
キャラクターについていえば、もう1人の主人公と言っていいであろう晶の「男の子っぽさ」のバランスには、けっこう気を遣った気はします。
男の子っぽいとはいえ、性同一性障害を思わせる感じにすると重大すぎてお話の主題がどこかに行ってしまう。
一人称が「ぼく」「おれ」っていうのは流石にやりすぎなんで嫌だ。
性別問わず小中学生に読んでほしいので、あんまり百合っぽくするわけにもいかない。
恋愛要素をあまり出しすぎて、小6女子が男子をめぐってドロドロに争うみたいな話にもしたくはない。
お姫様の格好をしたときも、昔の少女漫画みたいに「こ、これがあたし…?」ってなるのも嫌だし、すごく恥ずかしそうに赤面するというのもあざとすぎて嫌だ。
いろいろ考えた結果が今の晶で、自分ではかなり気に入っています。
 
浅倉要四段は特定のモデルはいないんですが、あえていえば「ヒカルの碁」の塔矢アキラをイメージしていたかな、という気はします。
でもそこまでくそまじめというわけではなくて、お笑いが好きだったり祈理や晶を茶化したり、というお茶目な面を強めに描いたつもりであります。
 
宇佐美玉緒さんは里見香奈女流五冠を少しイメージしたんですが、
今となっては藤井聡太四段が女の子だったら、みたいな雰囲気のほうがしっくりくる気がします。
(書いてる当時藤井四段はまだ三段でプロ入り前でしたが)

 

女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け

女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け

 

 

斯波和臣名人は言うまでもなく羽生善治三冠がモデルです。
よく読み返すと斯波さん、作品内ではただの一言も台詞がないんですよね。
なのに謎の存在感があるのは、完全に将棋界における羽生三冠の圧倒的存在感があるからこそなんだろうと思います。

 

 

自分的にはこれまで書いた中での最高傑作なんじゃないかな…という気はしているのですが、うまくいきませんでしたね。
藤井四段ブームがあってもダメだったので、賞への応募はあきらめました。
1人でも多くの方に読まれるために、「小説家になろう」以外のサイトへの掲載も考えています。
本来のターゲットである小中学生に読まれるのが理想なんですけど、ネットだけでは厳しいのかなー。

スポーツものの主人公たる資格 初心者・不遇者・挫折者

以下の文章は、2013年に別ブログで書いた記事です。
そちらのブログは非公開にしたのですが、読み返してみて創作の役に立ちそうな記事はこちらのブログへちょいちょい移行していこうかと。
自分はもとより、誰かの創作のヒントになればいいなあ、と思ってます。
 
ガールズ&パンツァー 1 [DVD]

ガールズ&パンツァー 1 [DVD]


遅ればせながらガールズ&パンツァー見てます。とりあえず5話まで。秋山殿かわいいよ秋山殿。
戦車についてはよくわからないので、女の子スポーツものとして楽しんでおります。
予備知識ほぼ無しで見始めたのですが、驚いたのは主人公の西住殿が戦車道の名家の出ということでした。そんな彼女が心に傷を負って戦車道から離れようと転校した先で物語が始まるのです。彼女が挫折から立ち上がる話だと言えなくもない。
んで思ったのですが、スポーツものの主役は大雑把に「初心者」「不遇者」「挫折者」に分類することができるのではないでしょうか。
 
初心者
 
読んで字のごとく、その競技についてど素人の状態から始まる場合。少年漫画に多いような印象があります。このブログ的にはやはり「ベイビーステップ」を近年の代表作として推したい。
ベイビーステップ(1) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(1) (講談社コミックス)


初心者を主人公に据えるメリットとしては、その競技との出会いや、だんだんハマっていく様子が描けるということがあるでしょう。また、初心者が猛スピードで成長し、エリートを倒していく下剋上的快感もあるでしょう。
ただ全国レベル・世界レベルまで主人公が成長するのはなかなか難しい。やっぱり初心者がそこまで行く様子を描こうと思うと相当の説得力が要求される感じ。ベイビーステップはその辺り上手くやっていると思います。

不遇者

ちょっとわかりにくいですが、確かな実力を持ちながら環境によってそれが発揮されていないタイプの主人公。「ファンタジスタ」のてっぺいは、離島でサッカー漬けの生活を送っていたため驚異的なドリブルのテクニックを持ちながら、11人でサッカーをする経験が高校に入るまで無かったという設定でした。
ファンタジスタ 1 (小学館文庫 くG 1)

ファンタジスタ 1 (小学館文庫 くG 1)


もともと秘めていた実力が、環境が変わることにより明らかになっていく様子を描けるのがメリットでしょう。いきなり高いレベルから物語を始められます。その分、競技の基本的な楽しさは描きにくいのかも。
 
挫折者

身体的もしくは精神的にダメージを受け、一度は競技から離れざるをえなかったタイプの主人公。「BE BLUES!」の一条龍はまさにこれでしょう。 
BE BLUES!〜青になれ〜 1 (少年サンデーコミックス)

BE BLUES!〜青になれ〜 1 (少年サンデーコミックス)


なんといっても、挫折からの復活劇で感動させることができるというのが最大のメリットでしょう。復活した後も、もともと高い実力があったのだから初心者より無理なく高い競技レベルを描ける、と。

つーこって無理やり分類してみましたが、団体競技を題材にしている作品の場合は主役チームに初心者・不遇者・挫折者が揃っていることも多いでしょう。スラムダンクだと初心者・桜木、不遇者・赤木、挫折者・三井か。
Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)

Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)


Slam dunk―完全版 (#3) (ジャンプ・コミックスデラックス)

Slam dunk―完全版 (#3) (ジャンプ・コミックスデラックス)


Slam dunk―完全版 (#6) (ジャンプ・コミックスデラックス)

Slam dunk―完全版 (#6) (ジャンプ・コミックスデラックス)


ガルパンでは西住殿が挫折者、秋山殿が不遇者、他のメンバーは初心者。秋山殿は厳密には初心者なのですが、それまで孤独な生活を送る原因となっていた戦車への猛烈な愛情が、西住殿との出会いにより一気に良い方向へ爆発するという意味で不遇者かと。
TVアニメ『ガールズ&パンツァー』キャラクターソング vol.4

TVアニメ『ガールズ&パンツァー』キャラクターソング vol.4


秋山殿を主役にしても面白い作品になったんじゃないかな…と思ったらコミカライズは秋山殿主役らしいですね。これは気になる。

 

今回も、どちらの賞もやっぱりダメでした

ショックのあまりブログに書くの忘れてましたが、やはりダメでした。
3次選考の壁が高すぎんよ~。

 

今後のこともいろいろ考えてしまいますね…。
あと1つくらい、思いっきり賞を狙いにいった作品を書いてみるか…?

2作品が同時に2次選考を通過してて鼻血出そう(3年ぶり2回目)

「人外系アイドル行進曲」が講談社ラノベチャレンジカップの2次選考を通過しました。
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6.html

 

そしてもうひとつ、児童文庫のほうも2次選考を通過しています。
こっちは一応、賞もタイトルもまだ秘密ってことで…。

 

これで3年ぶりに、2作同時受賞を夢見てしまう状態になりました。
まあ前回は結果的に両方ともダメでかなりの喪失感を味わいましたから、
今回は過剰な期待を抱かずに震えて待ちたいと思います。

 

いやーでも、そろそろ報われていいと思ったり…いやいや。

2作品が同時に1次選考通過しております(3年ぶり2回目)

超久しぶりの更新。

「人外系アイドル行進曲」が講談社ラノベチャレンジカップの1次選考を通過しています。
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6.html

 

そしてもうひとつ、児童文庫の某賞で、某作品が1次選考を通過しています。
児童文学の世界ではラノベと違って、ネット上に公開したままで応募していいかよくわからないため、公開してません。
作品タイトルやどの賞なのかも、一応伏せておきます。ペンネームも「川島沢海」から変更していますし。

 

「なんでも書ける」ことを理想としているんで、ラノベと児童文学の両方でデビューとかできたら最高なんですが、どうだろうなあ。
3年間で1次落ちも2次落ちも3次落ちも経験してますし、2作品が同時に1次通過してるくらいで喜んじゃあダメなんですけど。3年前は2作品同時に2次通過→同時に落選、という地獄を見てますし…。

それでも、期待はしてしまいます。

 

どちらの賞も3月末までには最終的な結果が出る予定です。どうなることやら…。

自分用メモ4

次回作の参考にしたい作品をまたまたメモ。初心にかえって児童文学になりそうです。

 

ちはやふる(1)

ちはやふる(1)

 
ヒカルの碁 (1) (ジャンプ・コミックス)

ヒカルの碁 (1) (ジャンプ・コミックス)

 
ベイビーステップ(1)

ベイビーステップ(1)

 
りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

 
晴れのちシンデレラ 1 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

晴れのちシンデレラ 1 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

 
リボンの騎士(1) (手塚治虫文庫全集)

リボンの騎士(1) (手塚治虫文庫全集)

 
ガールズ&パンツァー リボンの武者 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

ガールズ&パンツァー リボンの武者 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

 
 

 

「もし腐ったお嬢様が武田信玄の幽霊と一緒に歴史SLGで天下統一を目指したら」の話

「小説家になろう」に連載していた「もし腐ったお嬢様が武田信玄の幽霊と一緒に歴史SLGで天下統一を目指したら」をどうにか完結させました。
それについてのお話を少々。

http://ncode.syosetu.com/n1294bv/

タイトル通り腐女子なお嬢様と武田信玄の幽霊が歴史ゲームで遊ぶという話なわけですが、やはり「信長の野望」あってこそのアイディアです。

 

 

2013年に「信長の野望・創造」の発売を知る
→おお、すごい絵が綺麗だ。覇王伝以来信長の野望やってないし久しぶりに遊びたい
→でも創造が発売する年末まで待ちきれない
→よし、シリーズ中でも評判がいい天翔記を創造までの繋ぎとしてやってみよう
→だが待て、一人で遊んでそれで終わりというのもなあ。ブログにプレイ日記でも書くか。いや、それもつまんないかな
→せっかくだから、小説仕立てでプレイ日記的なものを書けば面白いんじゃね?

…という流れで、ゲームをやる様子を小説にしてはどうか…と考えたのでした。「僕は友達が少ない」の、部室でギャルゲーをやる話が好きなので、あんな感じでやってみたらいいんじゃないかと思ったんですね。

 

僕は友達が少ない

僕は友達が少ない

 

 

となると、ゲームは淡々と進んでいくんだから、プレイヤーは強烈なキャラクターを用意しないと盛り上がらない。
せっかく歴史ゲームなんだから、ゲームに登場する大名の幽霊にやらせてみるか。「風林火山」が好きだし、武田信玄でいくか…。
でも幽霊がゲームを操作するのも変だし、実際に動かすもう一人のキャラクターが必要だ。片方がおっさんだから、女の子にすべきだろう…。

そこまでぼんやり考えたうえで、なにはなくともゲームを実際にやらなきゃ始まらないと思い天翔記を購入。ノートにゲームの進行状況を記録しつつ、じっくり一ヶ月かけてクリアしたのでした。

 

KOEI The Best 信長の野望 天翔記

KOEI The Best 信長の野望 天翔記

 

 

そこから女子高生がなぜ武田信玄の幽霊とゲームをすることになるのかという設定を練り、新田宵子というわりと強烈なキャラクターが生まれました。
宵子のモデルは、今思うと声優の上坂すみれさんかもしれません。お嬢様育ちで、若いのに昔のサブカルに妙に精通しているという点で。
上坂さん自身は腐女子でもないし日本史にも大して興味ないんですが、「げんしけん2代目」で彼女が演じた吉武は歴史好きの明るい腐女子なので、そこも混じってるかもですね。

 

 

そして「小説家になろう」に投稿をしたのですが、当初のタイトルは確か「もし歴史SLG初心者のお嬢様が武田信玄の幽霊と一緒に『信長の野望 天翔記』で天下統一を目指したら」だったと思います。クソ長いタイトルだな!
投稿すると、ものすごい勢いでポイントが入りました。6話あたりまでの段階で、今の10倍くらいだったと記憶してます。これには僕もびっくりですよ。歴史ランキングで1位にもなったし、テンション上がりました。

が、そううまくはいかないわけで。今思えばポイントがやたら入ってたのは「信長の野望」という実在のゲームがタイトルに入っていたことが大きかったのでしょう。そしてそれが最大の問題だったんですね。

二次創作に関する規約に引っ掛かるということで運営様に警告されたのでした。

最初に投稿する時の僕は二次創作の規定について深く考えておらず、ゲームのキャラと言っても全員歴史上の人物だし、問題ないんじゃない?程度の気持ちでした。
しかし、やはり実在のゲームの内容をもろに使うというのはまずかったようで、削除することになりました(今は納得してます)。

一応打ち切りっぽい最終回(確か7話だったような)を投稿してから削除したんですが、覚えてる人いるんですかねぇ…。

で、「もし歴史SLG初心者のお嬢様が武田信玄の幽霊と一緒に『信長の野望 天翔記』で天下統一を目指したら」を削除後、どうしようか悩みました。

あくまで「信長の野望」という実在のゲームにこだわるのなら、「小説家になろう」を離れてブログ等で掲載する。
「小説家になろう」へ再投稿するなら、「信長の野望」という実在のゲームではなく、それっぽい架空のゲームを遊ぶという内容にする。

どっちを取るか悩みましたが、結局は後者を選択し、改題して再投稿を始め、今度は打ち切りエンドを回避して連載することにしました。きっと「信長の野望」にこだわったほうが面白いんでしょうけど、なろうを離れて読んでくれる人がいるとも思えなかったので…。やっぱり、読んでくれる人あっての小説ですからね。
だから宵子と信玄公が遊んでいるのは「大戦国」という架空の歴史ゲームであり、決して「信長の野望」ではない。いいね?

そんなこんなで紆余曲折あったこのパロディまみれのお話も、一年半かけてついに完結です。
かなり気楽に書いてましたね。なんせ、先の展開をほとんど考えなくていいんです。すでにゲーム記録を残しており、大筋は決まっているんですから。
もっぱら、どこで区切るかとか、各話タイトルとか、パロディネタをどう仕込むかとかばかり考えてましたね。
こういうお話の作り方は、ニコ動におけるアイマス架空戦記や、TRPGのリプレイなんかに近いものがあるのかもしれません(TRPGやったことないのでテキトー言ってますが)。

しかし、どうすんだこのお話。今まで書いたお話は基本的に全部賞に応募してるんですけど、これは賞に出すという性質のもんじゃないぞ…。
でも、それがなろうではけっこう受けてるんだからなあ。わからないもんです、ホント。

(2015年4月追記)

とても受賞できるとは思えませんが、加筆のうえMFブックスの賞に応募してみました。なろうに掲載したままでOKなんで、出さなきゃ損な気がして…。どうだろうなあ。