ワナビ坂

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠いワナビ坂をよ…

「人外系アイドル行進曲」の話

小説家になろう」と「カクヨム」に「人外系アイドル行進曲」を掲載しています。


https://ncode.syosetu.com/n5356eh/

 

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881767408

 


ラノベの賞を狙いにいくぞ!と決めたものの、じゃあどんな作品が書けるのか…と悩んだ末の人外×アイドルものです。
ハーレム的なのは無理、異能バトルも無理、異世界系も無理、スポーツはすでに書いた…となれば、
妖怪や人外なんかのオカルト系が好きなので、何か別のジャンルを組み合わせてはどうだ!と、
「アイドルの中の人」で少し芸能界ネタを書いたこともあり、もう一度アイドルものに挑戦してみたという感じ。
人外がナチュラルに受け入れられている現代日本、という世界観で書いてみたかったという気持ちもありました。

アイドルユニットについては完全に「怪物くん」の3人組がヒントになってますね。 

TVアニメ 怪物くん DVD-BOX 下巻<最終巻>

TVアニメ 怪物くん DVD-BOX 下巻<最終巻>

 

 そしてストレートに吸血鬼・人狼・人造人間の女の子が主役でいいのか?と考えて、
主人公である神村真夜は「吸血鬼を演じる普通の人間」と設定しました。
ええ、もろに「アイカツ!」の藤堂ユリカ様に影響を受けています。 

 ですがそのまんまユリカ様では問題があろうから、真夜自身は特に吸血鬼に憧れてはいないこととし、
子役時代のトラウマを抱えているという設定も加えました。
ドラマ等で悪役を演じた俳優が視聴者から嫌がらせされたという話は昔から印象に残っていて、
そこから想像を膨らませましたね。

 

人狼の森山流歌は書いてて1番楽しかったキャラクターです。
やはり明るく元気なバカは良い! 真夜が比較的おとなしい分、お話を動かしてくれました。
「~っす」口調はやりすぎと指摘されたりもしましたが、個人的には好きかなあ。

モデルは「アイドルマスター我那覇響です。 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 02我那覇響

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 02我那覇響

 

 偶然ながらユリカ様も響も沼倉愛美さんが演じるキャラなので、
もしこの作品でデビューできたらぬーさんに献本するんだウヘヘ…とキモい妄想をしたりもしました。

 

3人目のフランには特定のモデルはいませんね。
人造人間ということで無口クール、でも感情が無いわけでは無い。
幼い見た目だけど実は年上、小柄だけど怪力、といろんなギャップを考えて設定を練りました。

 

…と、設定はスイスイと思いついたものの、プロットが全然浮かばなくて困りました。
いつもは最後まで展開を考えてから書き始めるのですが、この作品は唯一、見切り発車的に書き始めましたね。
感覚としては、4コマ漫画誌で連載をしているような気持ちで「小説家になろう」に連載してました。
かなり苦しんだ覚えがあります。半年くらい書けなかったり…。
やろうと思えばどこまでも続けられる反面、賞に応募するために話をまとめるのが難しかったです。

 

そこで話をまとめるために大きな役割を果たしてくれたのが、ライバルである来栖蛍の存在でした。
モデルとなったのは「アマガミ」の絢辻詞でしょうか。アマガミやってて良かったと本当に思いましたよ。 

アマガミSS 11 絢辻 詞 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)

アマガミSS 11 絢辻 詞 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)

 

 「悪い子」(悪人ではない)を描くことの楽しさを教えてくれたのも蛍な気がします。
作中で書いてて1番楽しかったのは、間違いなく蛍視点の部分なんですよね…。
僕の書く話は主人公がどうしても優等生的になってしまいがちなので、この楽しさを忘れないようにしたいです。

 

そうして書き上げたこの作品、ネットで連載していた時期は見事に全然読まれなくて、
こりゃ賞に出してもあかんやろ…とあきらめていたのですが、いざ応募してみるとなかなか良い結果を残してくれたのです。
もちろん受賞には至りませんでしたが、一定の自信を与えてくれた大事な作品であります。

でもやっぱり賞が終わった後で改めてネット上に掲載すると、他の作品と比べてもほっとんど読まれないし、感想も付かないんですよね…。
やや長いとは思うのですが、お読みいただければ大変嬉しいです。